HOME>イチオシ情報>有効活用している人は多数!借地権という制度について

有効活用している人は多数!借地権という制度について

土地

第三者の土地を借りて利用する制度

今回の記事で言う借地権とは、他人の土地を無償あるいは有償などの形で借りて、借主本人が何らかの形や目的で利用していくための契約をその地主である他人との契約締結をした上取得する権利の事を言います。つまり、その上であればそこの借りた土地上において、借地期限内でありさえすれば、所有者本人である地主の方の様々な権利を侵害しない限りはあらゆる権利を行使出来る事になります。こうした同権利の基本を最初に頭に入れながら、まずはそこで何をするのか、あるいはどのような権利行使が可能であるかについて、そこの土地の現状を踏まえながら考えていかねばなりません。当然の事ながら、賃料なども土地の形態や地質、借主本人による利用目的の内容で変わってきますので、この点も留意しておく必要性があります。

土地

固定資産税を抑えられる!

現在の日本の法制度では、土地や建物の所有を実際にしている方に限り、固定資産税が課せられるようになっていますが、そうでは無い方にはその分の課税はなされません。こうしたメリットが借地権保有の良さと言えます。借地権上での他人から借りている土地であれば、その固定資産税の支払いは所有者である地主の方の納税義務になり、借主である方はその分の税金支払いを行う義務はありませんので、そうした面でも大いに税金対策の面としても、借地確保の活用は大変利用価値があります。そして借主の方も賃料の支払いをしている上で、その借地上での何らかの事業の収益などがあれば所得税などの申告や国税庁による更正に基付いた課税などで所得税などの支払いをしたりしていますので、決して不公平ではありません。このように、事業をされている方の場合には、固定資産税と所得税の両方の同時支払いをしたり、課税をされたりする必要が無くなるといった点で、大変助かります。