頭の中でイメージして会社設立を成功に導こう

データを有効活用する

レジ

分析次第で改革できる

POSシステムを利用して販売データを集約することはPOSレジシステムの導入などで簡単に行う事ができます。高価なPOSレジシステムの導入に二の足を踏んでいた企業も、タブレットを活用したアプリケーションで対応することもできるようになっていることから、導入への敷居へも低くなっています。しかし集約したデータを活用しきれていないケースが多いのです。マーケティング分析は、時間をかけて行う事だけが得策ではありません。見た目でわかる分析も十分活用することができるのです。要因をいかに分析するのかが経営を改善するポイントになります。販売店が全国に分布している場合には、エリア別の集計が役に立ちます。販売状況は全店舗で一定ではありません。必ず、売上の波が発生します。一時的なものであれば、天気や時期などの要因が考えられます。しかし長期的な要因であれば、競合他社の状況や、エリアでの需要の偏りなどを考慮しなければなりません。売上げの低い店を放置するのではなく、策を打つことが必要になるのです。トレンド分析も必要です。全国展開している店舗でもエリアによって営業時間は異なります。これは需要に合わせた営業時間の効率化になるのです。需要の少ない時間に営業していることはコストに直結します。そのため、営業時間の調整もコスト削減につながるのです。POSシステムから送られるデータは真実を語ります。店舗の状況を三次元で想像することが本部にいながらできるのです。